費用対効果もみる

先生公認会計士の講座選びには、合格率は大事な要素になるのは間違いありません。ですが、他の数値とも並べて比較して行かなければ、せっかくの合格実績も自分に役立たない可能性があるのも理解するべきでしょう。

合格実績が高い場合には、講座の内容が大変ハードで、学ぶのがきつい場合も出てきます。内容のレベルが高ければ、それだけ合格実績は上がりますが、ついていけない人も出てくるでしょう。そのベースとなる分母も考えておくべき数値です。

授業内容に関しても検討しなければなりません。投資する費用に対してあっているのかどうかを判断しなければ、これだけの費用を支払う価値がなくなってしまうからです。勉強を続けるためには、費用に関しても十分な検討しながら考えていかなければうまくいきません。合格した後も、長い時間を必要とするのですから、一瞬で決めるようなことではありません。

合格実績は、一番表面に出てくる情報です。大事な情報であるのは確かですが、自分にあった講座も考えておかなければ、長く続けることもできなくなります。総合的な判断をするためにも、ひとつの情報と考え、総合的な判断をするといいでしょう。合格までにも2年近く掛けるのが一般的な勉強時間です。決して短い時間ではないのですから、効率の良い方法を選ぶのが大切でしょう。