公認会計士と試験

ノート将来的なことも考えて公認会計士の資格取得を目指すのは、その後の人生を考えれば重要な選択になってくるでしょう。簡単に合格できることではありませんが、高い知識を必要とする資格として、重要な意味も持ってきます。難易度も高く、合格したのちにも、さまざまな選択肢が生まれてくるでしょう。ですが、問題は、試験としての難易度にあります。実習期間として最低2年は必要となりますが、それ以前の問題として、合格しなければ先に勧めません。難易度は、士業資格としてトップクラスであり、勉強時間も2年近くかかってしまうのも珍しいことではありません。それどころか、もっと多くの時間を要する例も少なくないのですから、大きなロスが待っているといえます。

講座を活用して合格を目指すのも、効率を考えれば当然です。独学では、勉強を続けたとしても、合格できる可能性は下がります。これだけの時間を掛けて不合格では、あまりに効率が悪いでしょう。受験者のほとんどが社会人である事実を考えても、時間のロスは、将来のロードマップにも影響を与えるからです。

講座を選ぶ際には、さまざまなポイントが出てきます。費用も掛かることから、費用対効果を含め、合格へと近づけるところを選ばなければいけないでしょう。注意点の一つとして、合格実績を見るのも方法です。どれぐらいの合格者を出しているかで判断できるのですから、当サイトの情報とともに参考にして講座を考えてみてはいかがでしょうか。